イーストと天然酵母

 酵母というのは、パンを膨らませるためのものです。

 代表的なのがイーストで、粉状のインスタントドライイーストが一般的ですが、他にも、粒状のドライイーストや、ペースト状の生イーストなどがあります。

 そして、よく耳にする天然酵母というのは、レーズンなどのドライフルーツや、生フルーツ、米麹などの穀物やその他さまざまなものを発酵させるときに発生する炭酸ガスを利用してパンを膨らませるというものです。

  天然酵母の中には空気中や食品中のさまざまな菌が含まれているのに対して、その中のパンを膨らませるのに最適の特定の菌だけを純粋培養したものがイーストです。

 例えると、天然酵母は、いろんな生徒があつまった教室で、イーストはその中の優等生のクローンばかりの教室になります。

イーストの良いところ

 イーストは発酵力が強いので短時間でパンを膨らませることができる。

 菌の種類が単一なので、発酵力が安定している。

 インスタントドライイーストやドライイーストは、天然酵母よりも日持ちする。

天然酵母のパンのいいところ

時間をかけてパンを発酵させるので、小麦の風味が引き出される。

いろんな菌がパンを膨らませるので、風味が豊かになる。

さまざまなものから酵母を起こすことができて楽しい。